注目商品


いずま海産

【実は今流行りのIターン移住者!?いずま海産2代目、出間精一郎さん】

室戸の市街地を抜け、室戸岬へと向かう国道55号線沿い、海が見えはじめるといずま海産の店舗に到着です。

いずま海産を営む出間精一郎さんは、産まれと育ちは神奈川県の三浦半島。父親は元マグロ漁師。室戸にきて先代が始めた鮮魚店を継いだのは20才のころ。
「あの頃は鮮魚に仕出しもやってたから、本当に忙しかったねえ。」
なつかしそうに思い出を語ってくださいます。

【時代に乗った先見の明!鮮魚から塩干物へ】

鮮魚店を営み25年、知人に勧められてふるさと小包で販売したカマスの干物が大当たり。全国から大量の注文が舞い込み精一郎さんに転機が訪れます。
保存が効かない鮮魚と異なり、干物なら冷凍保存が可能。精一郎さんは
「これだ!」と、室戸岬に店舗と加工場を併設した住宅を構え、塩干物にしぼって全国に室戸で獲れる魚を使った加工品の販売を始めました。
取材の日はちょうどキンメダイの干物作りの真っ最中。
「キンメダイの旬は今、ほらこれが卵、身のこの部分が白く脂が乗ってるのわかる?」
オレンジ色の卵と、身がうっすら白くなっています。

「カマスもキンメも沢山獲れる旬の美味しい時期にドーンと仕入れてすぐ冷凍、出荷する前に解凍して干物に加工するんだよ。」
店舗兼事務所の壁に並ぶのは、商品の審査会でいただいた賞状の数々。「おもうつぼ」や「目からうろこのきんめ鯛めし」など加工品のネーミングはとにかくシャレが効いてます。

【最上級の干物に仕上げる相棒は室戸が誇るジオの恵み、海洋深層水】

「室戸海洋深層水は、企業分水が始まったすぐから使いはじめた」
こだわるのは室戸沖獲れの魚だけではありません。
干物の漬け込み塩水には、室戸ユネスコ世界ジオパークの地形の恵みとして深い海の底から湧昇流として湧き上がる室戸海洋深層水をふんだんに使います。
「深層水はミネラルがたっぷりだから、原水を取水して2日くらいで使わないとすぐダメになっちゃうんだよ。」キンメダイは深海魚、まさしく生まれた時から室戸海洋深層水育ち。そして精一郎さんのこだわり、加工までくみ上げたばかりの新鮮な室戸海洋深層水仕込みなんです。

【めでたい赤、キンメタワーでインスタ映え】

「冬場は屋上で天日干しもするんだけど」
そう言いながら乾燥機から次々でてくる鮮やかで美味しそうな赤い干物たち。


何だか見ているだけで明るくめでたい気分になってきます。
鮮魚店時代に作ってもらった仕出し用の有田焼きや九谷焼きの皿鉢は裏には店名が入った特注品。
室戸のおきゃく文化が盛んだった当時がうかがえます。
その皿鉢に出来上がったばかりの干物をうず高く積んでいく精一郎さん。
「キンメタワーにして撮ってもらいたかったんだよ」

【室戸の海のジオの恵みをご家庭で!】

帰り際にいただいたキンメダイの干物。
「焼いた頭と皮は捨てずにお味噌汁にして!いい出汁がでるからね、皮なんて一番美味いよ。キンメダイは捨てるところ、ないからね!」

なんともいえない甘味溢れる干物は脂がじんわりお皿に染み出し、身はつやつやプリプリの食感。家族で取り合い箸が止まらなくなってしまいます。
そして言われた通り!
焼いたキンメダイのお頭入りお味噌汁のおいしかったこと!焼いたキンメダイの香ばしさと上品な出汁は何度でもおかわりしたくなる味です。

室戸の海の恵みをぎゅぎゅうっと閉じこめたいずま海産の干物、ぜひご家庭でも味わってみてくださいね!