食材がいいから、
どないしてもえいもんができるわ。

有限会社 いずま海産

出間精一郎 / 出間直江

創業45年。2代目の出間精一郎は、神奈川県三浦市の生まれ。

高校から室戸に移り、20歳で店を継いだ。

商店街で鮮魚店をしていた頃には、マグロ船が港に着き、室戸の町も好景気に湧いたという。

その後、オイルショックや人口減の流れを経て、転機がやってくる。

郵便局の『ふるさと小包』にカマスの干物で参加。

半年後に郵政職員向けの頒布会に取り上げられ、一気に5,000個を受注した。

すると今度は品物が足りない。

同業の先輩の協力を得て対応するも、初めてで手探りだった通販の収支は、どうにかとんとん。

「売り先はあるのにタネ切れ、とならんように必死やった」

平成7年に店舗を移転し、塩干物製造加工に転向。

定置網で獲るきんめや鯖を、海洋深層水(原水)を加塩した漬けこみ液に浸して伝統の天日干しにしたところ、甘みが強く“まっことうまい”干物に仕上がった。

漁場が近く日戻りで揚がる室戸の魚は鮮度がいい。

形がちがうと評判を呼ぶ。全国にファンも広がった。

オリジナルの加工品を「室戸のお土産バッグ」として売るなど、アイデアは尽きない。

だが、全国区で売れると再びタネ切れが心配だ。

「漁獲量に一喜一憂していたら魚屋は務まらん。でも買いたいのに売り物がないでは困る。これからは養殖の研究も進めなくては」

安田町生まれの妻と二人三脚。

自らを働き続けるマグロ体質と語る仕事好きは、まっすぐに室戸の海と魚屋の未来を見つめる。